PageTop
入賞作品集

ゴールドデザイン賞

GOLD PRIZE
大日本コンサルタント株式会社 様

この作品は長大な土木構造物のデザインはいかにあるべきかを示す好例といえる。桁の色彩は四季を通じて環境に調和しているし、簡素な土間をイメージさせる舗装材がパターンを付けずに均一に敷き込まれているのも好ましい。練りに練られた計画が盛り込まれていることを知る。透明性のある高欄は舗装や桁の色彩と調和し、雄大な周辺景観を阻害することなく楽しむことができる。周辺景観の検討と、歴史資源の調査から導き出されたデザイン要素が、華美に走らず質実にまとめられていることに好感が持てる。

シルバーデザイン賞

SILVER PRIZE
京葉プラントエンジニアリング株式会社 様

震災後、新浦安駅前も急ピッチで変わっていった。道路も整備され備わるシェルターもその一つである。新たなシェルターは温かみのある色彩の舗装材と調和している。屋根の端部をシャープに処理することによって、屋根を薄く軽快に見せている。また雨水の樋を柱内に取り込むことによって、余計なものが見えないすっきりとした外観となった。駅舎や周辺ビルからの眺め降ろす視線への考慮が感じられる。柱は木目調で仕上がっているが、機能上、柱は最小限の寸法に抑えるべきものなので、今後の改善課題としていただきたい。

マツダグミ一級建築士事務所 様

住宅建築外壁に利用する既製品ルーバーのあり方として、新しい提案となっている作品。高層マンションのファサードは通常さまざまな要素で構成され、まとまりのない印象になりがちだか、本作品はコンクリートスラブを基調とした木目調のルーバーの組み合わせによって、簡潔でありながら陰影の深みと奥行きを感じさせるファサードに仕上がった。乱雑になりやすい都市景観を引き締め、品格を引き上げる建築としてパブリック部門にふさわしい。

ブロンズデザイン賞

BRONZE PRIZE
株式会社佐藤総合計画 様
車椅子で車から乗り降りする際の雨除け、行き交う人々の通行を妨げないなど、来院者の視線に立った配慮が感じられる。大規模な病院外構において必要とされるシェルターを合理的かつ経済的に使用することで、機能性と景観性を同時に満足させた好例である。必要最小限のシェルターを機能的に配置することで、空間にリズム感と変化を与えている。
株式会社金沢計画研究所 様
木目調のHBルーバーを外装材に使用することによって、金沢城公園という歴史的な景観に調和しながら、透過性も感じられるファサードを創り出している。伝統的な軸組工法とモダンなルーバーの合わせ方が少し唐突に感じられるので、双方の良さを高める納まりの工夫を今後の課題としていただきたい。

特別賞

株式会社五井建築設計研究所 様
東洋工業株式会社 様
野原産業株式会社 様
株式会社三弘アーベスト 様

地域優秀賞

  • 天野工業株式会社 様
  • 株式会社太田住建 様
  • 新潟外構センター 様
  • 株式会社ケーエヌジー 様
  • 株式会社東北工商 様